札幌の医療脱毛クリニックをガイド案内

サイトマップ
TOP » 札幌の美容皮膚科で対応している医療脱毛3種類

札幌の美容皮膚科で対応している医療脱毛3種類

札幌の美容皮膚科で受け付けている医療脱毛には、主に3種類の方法があります。

  • 蓄熱式レーザー脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • 針脱毛

以上の3種類の脱毛方法はどのようなものか、また脱毛できる札幌のおすすめクリニックはどこかなど、リサーチしてまとめてみました。札幌で医療脱毛を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずは医療脱毛3種類の概要をチェック!

蓄熱式レーザー脱毛

蓄熱式レーザー脱毛は、毛根にダメージを与えて脱毛する従来のレーザー脱毛と違い、毛根よりも浅い部分にある「バルジ」という発毛因子を破壊して脱毛する方法。

痛みが少なく、照射時間も短いのがメリットです。また、日焼け・褐色肌・色の濃い部分でも照射が可能。さらに、毛周期に関係なく照射できるのもポイントです。

多くのクリニックでは「メディオスター」という機種を使用しており、日本医学脱毛学会で推奨している「ソプラノアイス」という機器もあります。

医療レーザー脱毛

毛の黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーを用いた脱毛法。皮膚表面からレーザーを当てるとメラニン色素が反応し、毛が熱を溜め込みます。そしてその熱は周囲へと広がり、熱エネルギーが毛乳頭を破壊。

毛乳頭は毛を作り出す毛母細胞へ栄養を送る働きをしているので、それが破壊されると毛は生えてこなくなるのです。何度も照射を重ねることで、徐々にムダ毛がなくなっていきます。

針脱毛

毛穴に針を差し込んで、その針から電気を流し、1つ1つの毛根を破壊していく方法。痛みはありますが、確実な永久脱毛効果が望めます。

使用する針は「絶縁針」と「ニードル針」の2種類があり、絶縁針には、毛穴に差し込んだ際に針が直接皮膚に触れないよう特殊コーティングがされています。

電気による皮膚ダメージを少なくするための加工ですが、この絶縁針を使用できるのは医療機関のみ。また、痛み対策として麻酔の使用ができるのも医療機関のみです。